VOICE BLOG

ボイストレーニング・ワンポイントレッスン No.7

腹式呼吸を体感することにフォーカスをおいて更新を重ねております。
いよいよ直立した状態で腹式呼吸を体感できる方法をお伝えします。
まず、肩幅くらいに足を開いて安定した形で直立します。
両手を上にまっすぐ伸ばします。その状態で手のひら同士で手を組みます。
その状態で鼻でゆっくり呼吸してみてください。
腹式呼吸が体感できると思います。
これは是非鏡の前で呼吸とともに肩や胸が動いていないかを確認しながら実施してみてください。動くのはお腹だけですよ!

遊園地スタッフ K.J 女性

職場でボイストレーニングの講習会があり参加させていただきました。

腹式呼吸は知っていたものの、上手く活用ができなかったので為になりました。有効な練習方法なども教えていただいたのでこれからも取り組んでいこうと思います。また、話し方だけではなく仕事に対する考え方やプロとはどのような人の事を言うのかなどすごく刺激になりました。仕事に対するモチベーションが上がりました。ありがとうございました。

ビジネスチャンスをつかむ! 声と会話の魅力アップトレーニング

開催日時:平成30年6月21日(木)14:00〜16:00

会  場:東京商工会議所板橋支部会議室

定  員:30名

内  容

◆第一印象における声の重要性-理想的な声とアプローチ方法

◆魅力的な声を作るトレーニング方法

◆伝わるコミュニケーションの仕組み-傾聴力の重要性

◆聞くを変えると会話が変わる-伝わるコミュニケーションのトレーニング

申し込み方法

下記申込書にご記入の上、FAXにてお申し込みください。または東京商工会議所のウェブサイト内「イベントカレンダー」(イベント番号:86568)からもお申込みいただけます。満員の場合のみ事務局より連絡いたします。なお、受講券は発行いたしませんので、当日直接会場にお越しください。

※事前申込が無いと席がご用意できない場合がございます。

ボイストレーニング・ワンポイントレッスン No.6

前回に引き続き、腹式呼吸を寝転んだ状態以外で体感出来る方法をお伝えしています。

テーブルと椅子を用意します。少しテーブルから椅子を離した状態で浅く椅子に腰掛けます。

肩幅くらいに足をひらいて安定した状態をつくります。

そして上半身を前に倒し両肘をテーブルについてください。

そうです、上半身を預けてしまう感じです。その状態で鼻でゆっくり呼吸を繰り返しましょう。

どうです?腹式呼吸を体感してもらえましたか?

メーカー系営業 U.F様 女性

会社の研修でボイストレーニングを行うという事で参加しました。

自身では気づかなかった部分をロジカルに、わかりやすく例を交えてご指摘いただき、非常に参考になりました。

ただの一方通行のレッスンではなく、参加型で楽しめました。

学生 Y.Y様 女性 

ボイスとレーニンの体験レッスン希望で伺いました。

30分という体験時間で何が掴めるのかな?と思っていましたが、すごく自分の声の出し方、響かせ方、響かせる場所で出る声(音)がちがうのだと感じました。

ボイストレーニング・ワンポイントレッスン No.5

腹式呼吸マスターへの道。今日も進めて行きましょう。

ひとまず複式呼吸を体感してもらう為に仰向けで寝転んだ状態で呼吸をしてもらいましたが、結局のところ立ってそれができなければ意味がありません。足を肩幅程度に開きリラックスした状態で立ちます。腰からお辞儀をする様に45度以上傾けた状態をつくります。その状態でゆっくり鼻で呼吸をしてみてください。

寝転んだ状態での呼吸と同じおなかの動きができていれば合格です!

メーカー系 営業 Y.T様 男性

抑揚のない喋り方だとよく言われるので『言葉をつぶ立てる』という部分が非常に効果的でした。短時間で大きな変化が出ていてすごいと思いました。

ボイストレーニング・ワンポイントレッスン No.4

 ボイトレの基本である腹式呼吸を体感していただくために、仰向けに寝ての呼吸を紹介しました。このタイミングで腹式呼吸の効果についても情報をお届けします。

 腹式呼吸は肺の下にある横隔膜が上下運動させての呼吸です。

 この横隔膜に自律神経が密集しているので、吐く息を意識的にゆっくり行うと、自律神経を刺激し、副交感神経が優位になり、リラックスしていく効果があるんですよ。

寝る前などにやれば、一石二鳥です。

主婦 M.M様 女性

歌が上手になりたくて、知り合いからプラチナボイスで無料体験ボイストレーニングがあると聞き受けてみました。

今までに使っていないところを使い声を出すことがわかりました。腹式呼吸も大切なことが分かったので意識していきます。

                                             

 | ブログトップ |  古い記事 ▶▶