VOICE BLOG

ボイストレーニング・ワンポイントレッスン No.18

皆さん、こんにちは!
プラチナボイススクールです。
明瞭な発話、響きのある声のキーワードは「母音」その母音をつかさどるのが「口形」です。基本中の基本を簡単なステップに分けて進めています。前回は口形の属性の判断の仕方について簡単なフレーズを例にお話ししました。ビジネスにおいて簡単なフレーズやあいさつの後に続くのが、「会社名や部署や自身の名前」ですよね。そこにも母音の属性を当てはめてみてください。色々見えてきますよ。属性を理解して「あ」「お」「う」の縮め型、または「い」「え」「あ」の横広げ型どちらのトレーニングに重点を置いて施せばよいのかわかります。ちなみに、フレーズや会話のくくりでよくある「です」「ます」の「す」これは無声音と言って母音を発話しない音になります。よって、例えば「です」だと直前の音「で」の母音を意識します。しかし、無声音であっても「う」の口形は意識するべきだと考えております。そうすることで表情と音の着地が随分と変わってきます。言葉やフレーズに誠実さや丁寧さなどの「印象」と伝えようとする「気持ち」がそこに初めて生まれるのです。

ボイストレーニング・ワンポイントレッスン No.17

皆さん、こんにちは!
プラチナボイススクールです。
明瞭な発話、響きのある声のキーワードは「母音」
その母音をつかさどるのが「口形」です。
基本中の基本を簡単なステップに分けて進めています。
前回は母音口形の 「あ」を基準として 「横広げ型」と「縮め型」の得意不得意のチェックを
簡単なフレーズを使ってしてみました。
では、そのフレーズのどこで 「横広げ型」と「縮め型」の属性を判断をするのか・・・。
それは、フレーズの最初の言葉と最後の言葉できまります。
どの母音で始まり、どの母音で終わるのか。
「あ」は 「横広げ型」と「縮め型」どちらにも属します。
「い」「え」は 「横広げ型」
「う」「お」は 「縮め型」
例えば下記のフレーズで確認してみましょう。
こんにちは・・・始まりの母音が「お」終わりの母音が「あ」なので 「縮め型」
いってらっしゃい・・・ 始まりの母音が「い」終わりの母音が「い」なので 「横広げ型」 と判断します。
細かいお話ですが、こういう事柄からも伝えるためのポイントは、「始まりと終わりの音」が大切だという事が分かりますよね!

 

                                             

 | ブログトップ |