ワンポイントレッスン

ボイストレーニング・ワンポイントレッスン No.13

皆さん、こんにちは!
プラチナボイススクールです。
明瞭な発話、響きのある声のキーワードは「母音」
その母音をつかさどるのが「口形」です。
基本中の基本を簡単なステップに分けて進めていきます。
今回はステップ②
「い」から「え」の口形を交えて行います。
「い」「え」「あ」これを30回連続して発声してみましょう。
最初はゆっくりでOK!
「い」で口角を上げるように横に開く。
「え」で「い」の状態から指が一本入る程度に口を開けます。
「あ」でしっかりと口を開きます。
段階的に下あごを動かして口を開いていく感覚を大切にしてください。
常に口角を上げる事を忘れないでくださいね!
手鏡などを使用して、しっかり口形を確認しながら行いましょう。

 

ボイストレーニング・ワンポイントレッスン No.12
皆さん、こんにちは!プラチナボイススクールです。
明瞭な発話、響きのある声のキーワードは「母音」その母音をつかさどるのが「口形」です。基本中の基本を「あ」を基軸として簡単なステップに分けて進めていきます。
ステップ①
比較的口形をつくりやすい「あ」から「お」の口形をやります。「あ」「お」「あ」これを30回連続して発声してみましょう。
最初はゆっくりでOK!
「あ-1」「お」「あ-2」1と2の「あ」を同じ形の「あ」の口を意識して手鏡などを使用して、しっかり口形を確認してくださいね。比較的動かしやすい口形ですので、気軽に取り組みましょう。

ボイストレーニング・ワンポイントレッスン No.11

今日は皆さん日常でやっている腹式呼吸についてお話しします。
まずはイメージから入りますよ。想像してください・・・。

暑い日が続いていますが、季節は冬です。(あくまでも想像です)
手がかじかむような寒さです。防寒具類はありません。
こんな時、どうします?
思わず手のひらを「ハァ~ッ!」と温めませんか?
やってみてください・・・。
はい、それ腹式呼吸です。

ニンニクたっぷりの餃子を食べた後、口臭の確認しません?
手のひらに「ハァ~ッ!」って・・・。
はい!それ腹式呼吸です。

あまり意識せずに自然体でやってみてください。
きっと上手くできますよ!

ボイストレーニング・ワンポイントレッスン No.10

こんにちは!プラチナボイススクールです。
呼吸方法として、腹式呼吸と胸式呼吸のメリットなどについてお話ししてきました。
レッスンを進めていく中で生徒さんがよく勘違いされることがあります。
それは、「腹式呼吸でなければならない」という偏った考え方です。
みなさん本当にまじめに取り組んでいただいていますのでそういった形に陥りがちです。
声優さんやアナウンサーや歌手も含め個人差こそあれど、腹式と胸式を時と場合によって
自然と上手に併用して声を出しています。
なので、胸式だとダメで、腹式だと良い。という事ではなく、両方自然とうまく活用でき、
結果的に聴く側にとって「良い声」が出せる事が目的なのです。

ボイストレーニング・ワンポイントレッスン No.9

前回腹式呼吸は上半身に力が入りにくい呼吸方であり、結果的に良い声を出す
事に適しているという話をしました。では、胸式呼吸はどうなのか。
胸式呼吸はどうしても骨格の上から肺を押してしまうので上半身に力が入ってしまい、正しい発声には不向きと言えます。
ですが、酸素の供給には最適です。日常生活では多くの方がこの呼吸です。
分かりやすく言うと、ちょっと走った後の呼吸。(*´Д`)ハァハァ
非常にスピーディーに酸素を体内に供給していますよね。
それが胸式呼吸です。それぞれ長所と短所があるってことですね。

ボイストレーニング・ワンポイントレッスン No.8

腹式呼吸を体感するために様々な方法をお伝えしてきましたが、
平たく言えば、どれも上半身に力が入りにくい環境を提案しているにすぎません。
上半身に余分な力がはいると喉や声帯にも緊張が生まれます。
正しい発声・喉に負担のかかりにく発声をするには上半身への力みとの関係が大きく影響します。腹式呼吸はその力みを無くす為に適した呼吸法ともいえます。

ボイストレーニング・ワンポイントレッスン No.7

腹式呼吸を体感することにフォーカスをおいて更新を重ねております。
いよいよ直立した状態で腹式呼吸を体感できる方法をお伝えします。
まず、肩幅くらいに足を開いて安定した形で直立します。
両手を上にまっすぐ伸ばします。その状態で手のひら同士で手を組みます。
その状態で鼻でゆっくり呼吸してみてください。
腹式呼吸が体感できると思います。
これは是非鏡の前で呼吸とともに肩や胸が動いていないかを確認しながら実施してみてください。動くのはお腹だけですよ!

ボイストレーニング・ワンポイントレッスン No.6

前回に引き続き、腹式呼吸を寝転んだ状態以外で体感出来る方法をお伝えしています。

テーブルと椅子を用意します。少しテーブルから椅子を離した状態で浅く椅子に腰掛けます。

肩幅くらいに足をひらいて安定した状態をつくります。

そして上半身を前に倒し両肘をテーブルについてください。

そうです、上半身を預けてしまう感じです。その状態で鼻でゆっくり呼吸を繰り返しましょう。

どうです?腹式呼吸を体感してもらえましたか?

ボイストレーニング・ワンポイントレッスン No.5

腹式呼吸マスターへの道。今日も進めて行きましょう。

ひとまず複式呼吸を体感してもらう為に仰向けで寝転んだ状態で呼吸をしてもらいましたが、結局のところ立ってそれができなければ意味がありません。足を肩幅程度に開きリラックスした状態で立ちます。腰からお辞儀をする様に45度以上傾けた状態をつくります。その状態でゆっくり鼻で呼吸をしてみてください。

寝転んだ状態での呼吸と同じおなかの動きができていれば合格です!

ボイストレーニング・ワンポイントレッスン No.4

 ボイトレの基本である腹式呼吸を体感していただくために、仰向けに寝ての呼吸を紹介しました。このタイミングで腹式呼吸の効果についても情報をお届けします。

 腹式呼吸は肺の下にある横隔膜が上下運動させての呼吸です。

 この横隔膜に自律神経が密集しているので、吐く息を意識的にゆっくり行うと、自律神経を刺激し、副交感神経が優位になり、リラックスしていく効果があるんですよ。

寝る前などにやれば、一石二鳥です。

                                             

 | ブログトップ |  古い記事 ▶▶